/

この記事は会員限定です

アマゾン労組 米に衝撃

エンプロイメント・コラムニスト サラ・オコナー

[有料会員限定]

ニューヨーク市スタテン島にある米アマゾン・ドット・コムの物流施設はまさに21世紀型の職場だと言える。巨大な倉庫にあるいくつもの棚をロボットの軍団が運び、さらに人間の「ピッカー」が棚の中から商品を手順に従って選んでいく。

だが、新たに設立された「アマゾン労働組合」の幹部らがこの職場で組合を結成しようとした時、参考にしたのは「鉄鋼業界における組織化手法」と題した1936年のマニュアルだった。冊子はさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン