/

この記事は会員限定です

人的資本経営に資する人事部に

パーソル総合研究所上席主任研究員 佐々木聡

[有料会員限定]

日本企業の人事部は今、これまでにない転換期にある。新型コロナウイルス禍による働き方の変化、ジョブ型雇用への転換、人的資本経営を推進するための人材投資の可視化などが目の前にある。

戦後から高度成長期にかけて、人事部は会社の中枢にあるエリート集団であった。しかし終身雇用や年功序列、企業内労働組合などの制度が変容し、人事部が相対的に弱体化してきた。例えば人材採用は新卒一括採用から通年・中途採用に軸足が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン