ビジネスTODAY苦境続くLCC 日航系が貨物で就航
旅客激減、打開へ一手 国内勢再開で赤字リスク

2020/6/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が続くなか、格安航空会社(LCC)が事業の正常化へ動き出した。3日に新規参入する日本航空(JAL)傘下のジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は、旅客利用が見込めず貨物便で開業する。ほかの国内勢も運航再開の動きをみせるが、LCCは大手に比べ観光利用の比率が高い。旅客が戻るかは不透明で、運航再開は赤字が膨らむリスクもはらむ。

ジップエアは当初、5月14日に成田―バンコク線で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]