みらかHD・BML、唾液のPCR検査を受託開始

2020/6/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

臨床検査受託大手のみらかホールディングス(HD)は2日、唾液を用いた新型コロナウイルスのPCR検査の受託を始めたと発表した。従来は検体に鼻の粘液を使っていたが、同日から唾液を使う検査にも公的保険が適用された。患者自身で採取できるため、医療従事者への感染リスクを減らせるメリットがある。

みらかHDは子会社のエスアールエル(東京・新宿)で受託し、医療機関から唾液検体を受け入れる。ウイルスの遺伝子を抽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]