/

この記事は会員限定です

プライバシー侵害に懸念

米、採用面接での利用に規制 「精度に疑問」指摘も

[有料会員限定]

顔の表情や声から感情を読み取るのは、心の内面をさらすことにもなり、使い方次第ではプライバシーの侵害にもなりうる。米調査会社ガートナーは、採用面接や保険分野の虚偽申告検知などは顧客の受け入れ準備が整っていないとの見方を示す。米国ではプライバシー団体が19年に米ハイアービューの提供する遠隔面接システムは顔認識技術を不正に使っているとして、米連邦取引委員会に調査要請を出した。

名古屋大学の大平英樹教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン