/

この記事は会員限定です

国またぐ移動 制限緩和

中国は日本から技術者/南欧は観光客 日本、検査体制が壁

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響による各国の国境封鎖が続くなか、経済需要に押される形で、一部地域で人が移動を始めている。中国はハイテク産業を支える技術者の派遣を日本企業に求めており、京セラなどが社員を送った。欧州では観光シーズンを前にギリシャやスペインが旅行者受け入れを計画中だ。各国は感染対策を踏まえた移動制限の緩和を模索する。PCR検査の体制に劣る日本は人の往来再開で後手に回る恐れがある。

「コロナ前の2倍で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン