/

この記事は会員限定です

野党1人区、4割で競合 参院選まで3カ月

19年と構図一変 自民は東北に不安要素

[有料会員限定]

与野党が参院選の投開票日に想定する7月10日まで3カ月を切った。野党は無所属を含めると4割にあたる13の1人区で候補者が競合する。全1人区で野党が統一候補をそろえ与野党対決となった2019年前回選から構図は一変する。自民党も東北などで擁立作業に不安を抱える。

参院選は改選定数1の1人区が勝敗を左右する。選挙区定数74のうち32を占める。2人区など複数区は与野党が議席を分け合いやすい一方、1人区は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン