/

この記事は会員限定です

ロシア産石油 禁輸協議

石炭に続き EU内、慎重論も強く

[有料会員限定]

【パリ=竹内康雄】欧州連合(EU)加盟国がロシア産の石油の輸入停止に向けた協議に入った。石炭禁輸に続く制裁措置で、ウクライナに侵攻を続けるロシア経済への締め付けを強める狙い。ウクライナの民間人が多数殺害され、制裁の一層の強化が必要との認識は広がりつつあるが、ロシアへのエネルギー依存度が高い国々には慎重論も根強い。制裁実施には全会一致が必要で、合意形成に時間がかかる可能性がある。

11日にルクセン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン