泉佐野市「後付け法解釈、自治体縛る」 ふるさと納税訴訟、国を批判

2020/6/3付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

大阪府泉佐野市の千代松大耕市長は2日、ふるさと納税の返礼品を巡る訴訟で最高裁の弁論に臨んだ。総務省が同市をふるさと納税制度から除外した決定を「地方自治体への違法な関与」とし、弁論後の記者会見でも「総務省が後付けの法解釈で自治体を縛っており、地方自治を軽視している」と批判した。総務省は過度な返礼品のために法改正をせざるを得なくなったと主張しており、両者の溝は最後まで埋まらなかった。

2019年6月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]