/

この記事は会員限定です

6社に1社、今期減配・無配 リーマン以来の水準

配当未定、全体の半数

[有料会員限定]

日本の上場企業で株主還元を抑制する動きが広がっている。2021年3月期通期で減配や無配転落する企業が全体の18%と、リーマン・ショック後の10年3月期以来の高い水準となる。新型コロナウイルスの影響で事業活動の不透明感が広がるなか、業績悪化を見込む企業が多く、増益などで配当余力のある企業でも手元資金を手厚くする動きが増えている。

21年3月期の配当予想を開示した企業のうち、12年間継続比較できる約9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン