/

この記事は会員限定です

「自然学校」経営ピンチ

子どもに野外体験提供の場 中止・延期で損失18億円

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、子どもが野外体験できる場を提供する「自然学校」の経営が窮地に立たされている。日本環境教育フォーラムなどによる各地の学校への調査で、売り上げの損失見込み額が少なくとも総額約18億円に上ることが分かった。関係者からは「子どもが自然と触れ合える機会を失いかねない」と懸念の声が上がる。

調査は4月、インターネットを通じて実施。川や海、山などで体験活動を実施する自然学校...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン