/

この記事は会員限定です

カラマツ、林業の「柱」に

乾燥技術向上、ゆがむ性質克服 五輪会場でも採用

[有料会員限定]

戦後、大量に植えられたカラマツが脚光を浴びている。ねじれやすいために安価な梱包材に多用されてきたが、乾燥技術の進歩で無垢(むく)材として柱や梁(はり)に使えるように。もともと強度があり、板材を貼り合わせた集成材としては浸透し、国立競技場にも採用された。スギやヒノキと共に国内の林業をけん引する存在として期待されている。

カラマツの丸太生産量が日本一の北海道。立木の蓄積量は約9千万立方メートルあるが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン