米の対中規制、もろ刃の剣
国防総省、輸出遮断せず 自国半導体への打撃危惧

2020/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国がハイテク分野で対中圧力を強めている。制裁手段として多用する輸出規制は破壊力が大きいが、国内企業にも副作用が及ぶもろ刃の剣だ。香港問題を機に政権・議会は一段と強硬姿勢をみせるが、その「攻め方」を巡っては各省庁の思惑が複雑に交錯している。

香港経由で流出

「中国共産党のイスラム教徒に対する卑劣な攻撃に、米国の製品や技術が使われないようにする」(ロス米商務長官)。商務省は22日、中国の新疆ウイグル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]