「置き配」 盗難相次ぐ
玄関先に荷物、コロナで増加 「受取場所・方法に工夫を」

2020/6/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で玄関先などに荷物を置いて届ける「置き配」サービスの利用が広がる中、荷物を狙った窃盗被害が各地で相次いでいる。利用拡大の背景には感染予防のため手渡しの配達を避けたい消費者の要望もあるだけに、警察は「荷物が人目につきにくい受取場所の指定を」と注意を呼びかける。

「この時期に行けば金目のものがあると思った。他にも結構やっている」。5月中旬、東京都北区の団地で玄関前に置かれた段…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]