コロナ接触検知アプリ、民の先行生きず1カ月遅れ 官主導にシフト 米IT大手が方針左右

2020/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染予防で、人との接触を検知するスマートフォン向けアプリの導入が遅れている。当初の導入予定は5月上旬だったが、6月中旬にずれ込む見通しだ。5月25日の緊急事態宣言の全面解除に間に合っていればアプリが浸透し、人の交流が戻る中で効果が見込めたとみる関係者も少なくない。

「既にアプリの検証も実装も終えています」。5月8日、オンラインで開いた接触検知アプリに関する政府の会議。一般社団…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]