真相深層アビガンが映す日米の差
非常時の薬許可 米は機動的 日本に「仮免許」制度なく

2020/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症向けに期待されている国産薬「アビガン」の5月中の承認が見送られた。臨床研究などを進めてきたが有効性をまだ確認できないからだ。一方、一定の効果が示された米国の「レムデシビル」は米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)が出て、日本でも特例承認された。非常時に薬を認める制度は米国の方が機動的だ。

アビガンは富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬だ。ウイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]