/

この記事は会員限定です

スペイン、所得保障導入

低所得世帯に月12万円

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】スペインの中道左派サンチェス政権は低所得の約85万世帯、230万人を対象に世帯あたり最大月1015ユーロ(約12万円)の所得保障を導入した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う失業などで困窮する人が増えているためだ。約30億ユーロの歳出増となる見通しで、貧困対策と財政規律の両立が課題になる。

サンチェス首相が5月29日、閣議で導入を決めた。単身世帯は月462ユーロを受け取り、家族の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン