/

この記事は会員限定です

コロナ予算ポイント解説(1) テナント賃料の補助

契約書の写し必要

[有料会員限定]

政府が閣議決定した2020年度第2次補正予算案には新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた人や事業者向けに多様な給付金・補助金が盛り込まれた。各制度のポイントを解説する。

「家賃支援給付金」は大幅に減収となった中小企業や個人事業主を対象に、テナント賃料を半年分、最大で600万円を給付するものだ。

給付対象かどうかは20年5~12月の売上高で判定する。(1)この間のいずれかの月で前年同月に比べ5割以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン