/

この記事は会員限定です

ロシア「人権理、自ら脱退」 資格停止決議、中国など反対

インドなど58カ国棄権 国連総会

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】国連総会が7日に開いた緊急特別会合では、ロシアの人権理事会での資格停止に93カ国が賛成した一方、中国や北朝鮮など24カ国が反対票を投じた。インドやブラジルなど58カ国は棄権にまわった。ロシアは投票結果を不服とし、自ら人権理から脱退すると表明した。(関連記事を社会面に

ロシアによるウクライナ侵攻を糾弾する国連総会の決議は3度目。人権理でのロシアの理事国任期は2023年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン