/

この記事は会員限定です

セブン、前期6%営業増益

社長、そごう・西武売却方針表明 投資家と続く攻防

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が7日発表した2022年2月期連結決算は営業利益が前の期比6%増の3876億円だった。記者会見で井阪隆一社長は百貨店子会社のそごう・西武の売却方針を正式に表明した。米アクティビスト(物言う株主)のバリューアクト・キャピタルは総合スーパーなどの切り離しも求めており、ガバナンス(企業統治)や事業構造の改革を巡り投資家との攻防がなお続いている。

売上高にあたる営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン