/

この記事は会員限定です

米IT大手、得意分野奪い合い

グーグル、新ECサービス アマゾン、広告市場で攻勢

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米IT(情報技術)大手が互いの得意領域で事業を拡大する「相互侵食」の動きが広がっている。インターネット広告大手のグーグルは、電子商取引(EC)に関連する新サービスを7日に始めた。EC最大手のアマゾン・ドット・コムは広告で存在感を高めている。ただ、欧州などでIT大手の独走に歯止めをかけようとする流れが強まり、逆風となる恐れもある。

「検索の体験を改善することにより、買い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン