/

この記事は会員限定です

テレワークで「リモハラ」懸念

文字だけの指示、強圧的な印象 私生活言及に不快感も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスへの対応で広がるテレワークに特有のハラスメントリスクを専門家が指摘している。文字だけの業務指示は強圧的な印象を与えやすく、在宅勤務で垣間見える私生活への言及は相手に不快感を与える恐れがある。「リモートハラスメント(リモハラ)」などと呼ばれることもあり、テレワーク定着に向けてルールやマナーの整備が求められる。

「資料提出は今日の17時までに。オンライン会議は14時から時間厳守で。在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン