貴金属、広がるゆがみ 米欧、先物・現物に価格差

2020/6/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

プラチナ(白金)や銀など貴金属の国際市場で価格のゆがみが広がってきた。投資家の資金が流入するニューヨーク先物市場の価格が急上昇し、現物取引が中心の欧州市場との価格差が拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う物流の停滞で市場間の裁定取引がうまくできなくなっているためだ。金で一時顕著になった市場の混乱が金以外の貴金属にも波及している。

ゆがみが目立つのは、宝飾品や産業用に使う白金や銀、ガソリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]