/

この記事は会員限定です

貴金属、広がるゆがみ

米欧、先物・現物に価格差

[有料会員限定]

プラチナ(白金)や銀など貴金属の国際市場で価格のゆがみが広がってきた。投資家の資金が流入するニューヨーク先物市場の価格が急上昇し、現物取引が中心の欧州市場との価格差が拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う物流の停滞で市場間の裁定取引がうまくできなくなっているためだ。金で一時顕著になった市場の混乱が金以外の貴金属にも波及している。

ゆがみが目立つのは、宝飾品や産業用に使う白金や銀、ガソリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン