/

この記事は会員限定です

キーウ周辺完全撤退

ロシア軍動向、米が分析

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米国防総省高官は6日、記者団に対してロシア軍がウクライナ首都のキーウ(キエフ)周辺から完全撤退したとの分析を示した。米軍が少数のウクライナ兵に対し、自爆攻撃機能を持つ無人機「スイッチブレード」に関する訓練を実施していることも明らかになった。(関連記事総合面に

国防総省高官は、ロシア軍がキーウから北に位置するチェルニヒウ周辺からも完全撤退したと話した。キーウ周辺から引きあげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン