/

この記事は会員限定です

限定正社員 普及へ一歩

職務・勤務地の変更範囲、明示義務化へ 企業の説明責任増す

[有料会員限定]

受け持つ仕事が辞令ひとつで変更になり、勤務地も会社都合で決まる――。「無限定」といわれる日本の正社員の働き方を、変える一歩になりそうだ。企業に対し、職務や就業場所について変更の可能性のある範囲の明示を義務づける動きが出てきた。「正社員改革」を軌道に乗せるための課題を考える。

労働紛争を予防

職務や勤務地などを限った「限定正社員」の普及策を議論してきた厚生労働省の有識者検討会が、報告書に労働条件の明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン