/

この記事は会員限定です

原発部品の輸出後押し検討 経産省「発電所全体」転換

納入や規格取得を支援、国内産業維持めざす

[有料会員限定]

経済産業省は原子力発電所の機器などの部品を生産する日本企業の海外展開を支援する。原発を建設する企業とのマッチングや現地で使うための規格取得を後押しする検討に入った。国内で原発の早期建設は見込めず、官民でめざしてきた原発全体の輸出も頓挫した。部品の輸出支援に政策を転換し、国内の原子力産業の維持をめざす。

検討中のクリーンエネルギー戦略に反映させる。2023年度予算案の概算要求などに盛り込むことをめ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン