海外のIT大手 銀行参入を制限 自民提言

2020/5/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自民党の金融調査会は29日、デジタル化に対応した銀行業の規制緩和策などの提言を発表した。銀行グループがフィンテック企業に出資しやすくすると同時に、海外のIT(情報技術)大手などによる銀行業の参入に一定の制限をかける。政府は提言を受け、来年の通常国会で銀行法改正案の提出をめざす。

銀行の持ち株会社は事業会社に15%までしか出資できない規制がある。金融庁が認…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]