日立、今期営業益4割減 11年ぶり低水準 車向け落ち込む

2020/5/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日立製作所は29日、2021年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期比44%減の3720億円になる見通しだと発表した。10年3月期(2021億円)以来、11年ぶりの低水準となる。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車向けシステムの受注が落ち込む。新型コロナによる利益の減少額は3010億円とみる。(関連記事総合5面に

売上高は19%減の7兆800億円を予想する。自動車メーカー向けなどを手掛ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]