/

この記事は会員限定です

町内会 デジタルで結束 首都圏、コロナ契機に活用加速

都、電子回覧板を試験導入

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の影響で、町内会の活動の場をデジタルに移す動きが首都圏で広がっている。感染防止のため対面での活動自粛を余儀なくされる中、コロナ禍という逆境を契機にICT(情報通信技術)導入に取り組む。希薄になった地域のつながりを回復するため、自治体もSNS(交流サイト)の活用などを後押ししている。

東京都は小田急電鉄が開発した町内会向けSNS「いちのいち」を2022年度に試験導入する。電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン