/

この記事は会員限定です

3回目接種、現役世代遅れ 3月までの対象2割受けず

副作用への懸念強く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに感染再拡大の兆しが出るなか、3回目のワクチン接種が遅れている。1日100万回の接種目標には届かない日が多く、全体の接種率は4割台にとどまる。3月末までに接種時期を迎えた6372万人のうち、2割弱の1000万人強は同月中に接種しなかった。若い世代を中心に副作用への懸念が根強いほか、自治体間でスピードの差も目立つ。

「できるだけ早期に、できるだけ多くの希望者に接種してもらうよう取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン