/

この記事は会員限定です

分散投資の基礎(下)投信の選び方

低コストの指数連動を活用

[有料会員限定]

筧一家の夕食後、恵が新聞の折り込み広告を熱心に見て「物価が上がっているけれど、投資で資産を増やせれば備えられるのかな」とつぶやきます。幸子が「分散投資することがインフレ対策の一つの方法になるね」と声をかけます。

 分散投資には投資信託がいいと聞くけれど一般的な「公募株式投資信託」は5000本以上もあって選ぶのに途方に暮れそう。どうすればいいの。

幸子 投資対象をなるべく広げて資産全体の値動きの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン