北九州 21人新規感染 第2波の恐れ、警戒強める
「どこでも起こりうる」専門家

2020/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染者が再び増え始めた北九州市で28日、厚生労働省のクラスター(感染者集団)対策班による感染経路の調査が始まった。同市では28日に新たに21人の感染が明らかになるなど23日から6日連続で計43人の感染を確認した。北橋健治市長は「このまま続くと感染拡大の『第2波』に襲われる」と警戒。市は28日から43施設を臨時休館し感染拡大を防ぐ対策を急ぐ。

「また休館に戻ってしまった」。25…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]