中ロ、エネルギー協力加速 パイプライン2本目 米中対立が追い風か

2020/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【モスクワ=ディミトリ・サイムズ】ロシアと中国のエネルギー協力が一段と進んでいる。2019年末にロシア産天然ガスを中国に運ぶパイプラインが稼働したのに続き、2本目の敷設計画が動き始めた。新型コロナウイルスの感染拡大などを巡り米中が激しく対立し、ロシアにとって中国へのエネルギー輸出を伸ばす好機となる。

ロシアの政府系ガス会社ガスプロムが、2本目の中国向け天然ガスパイプライン「シベリアの力2」の事業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]