「党が反対なら仕方ない」 首相、方針転換迫られる
検証・9月入学見送り 自民、日増しに慎重論強く

2020/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

学校の始業や入学の時期を変える「9月入学」の2020年度、21年度の導入が見送られる。安倍晋三首相が意欲を表明して機運が高まったが、与党内から慎重論が相次いだ。減収世帯への30万円給付案の撤回をはじめ首相官邸が方針転換を迫られる場面が増えてきた。

自民党は29日に9月入学に関するワーキングチームを開き、座長の柴山昌彦前文部科学相の下で提言をまとめる。21年度まで導入を見送るべきだとの内容を盛り込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]