生保4社、決算開示後初の減益
前期基礎利益、最終益もマイナス

2020/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

生命保険大手4社の2020年3月期決算は本業のもうけを示すグループ基礎利益が開示し始めた16年3月期以来、初めて減益となった。前の期比6%減り2兆2500億円だった。さらに最終利益相当の利益は4375億円にとどまり、同44%急減した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、為替の急変動や株安などが影を落とした。影響が長期化すれば、今後経営の重荷になるリスクがくすぶる。

大手4社は海外で大型買収に乗り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]