/

この記事は会員限定です

基幹売買システム、東証が富士通に更新委託

障害対策仕上げ

[有料会員限定]

東京証券取引所で2020年10月の大規模システム障害後の対策が最終段階に入る。24年度後半に予定する基幹売買システムの更新で、富士通への委託を決めこのほど開発に着手した。投資額は250億~300億円程度。障害の影響を把握しやすくする改善を加え、再起動までにかかる時間も3時間から1時間半に短縮する。

東証は10年に現物株売買の基幹システム「アローヘッド」を稼働した。高速取引(HFT)業者の増加など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン