/

この記事は会員限定です

コンビニ時短 半年で15倍

脱24時間1900店、新常態に 夜間の外出自粛で拍車

[有料会員限定]

24時間営業しないコンビニエンスストアが広がっている。5月時点で深夜を中心に営業時間を短縮している大手3社の店舗は1916店と、半年前から15倍に増えた。深刻な人手不足に加えて、新型コロナウイルス禍による夜間の外出減で深夜営業が厳しくなったためだ。コロナ後もこうした問題は続くとみられ、コンビニの「脱24時間」はさらに加速しそうだ。

日本経済新聞がセブン―イレブン・ジャパン、ローソンファミリーマートの大手3社から24時間営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン