義援金33億円、異例の税優遇 災害向けの仕組み活用

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

京都アニメーションの放火殺人事件を受け、国内外から寄せられた義援金は33億円超に上った。国は「災害義援金」と同様の扱いで寄付した人の税を優遇することを決定。京都府の配分委員会は被害程度などに応じて被害者家族ごとの配分額を決めた。異例の対応には評価の声も上がる一方、犯罪被害者支援制度の課題も指摘される。

寄付の動きは事件直後から国内外で広がった。米国のアニメ配給会社がインターネット上で資金を募るク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]