京アニ事件、容疑者「小説盗用され放火」
逮捕後も同じ供述

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で2019年7月に起きた放火殺人事件で、青葉真司容疑者(42)=殺人容疑などで逮捕=が逮捕後の京都府警の調べに対し、「小説を盗用されたから火をつけた」という趣旨の供述をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕前の任意の事情聴取でも同様の説明をしている。これまでの捜査で盗用は確認されておらず、京都府警は青葉容疑者が一方的に京アニに恨みを募らせた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]