/

この記事は会員限定です

和歌山市 行政・事業、データ活用推進

[有料会員限定]

地域社会や経済に関するデータを行政や企業活動に役立てる「和歌山県データ利活用推進センター」(和歌山市)。2018年4月の開設以来、シンポジウムの開催や東京大学、滋賀大学などとの協定締結など活動の幅を広げている。中内啓文センター長は「産官学連携の推進拠点になることを目指したい」と話す。

南海電鉄和歌山市駅の駅ビルにある同センターでは、6人の職員やスタッフらが「証拠に基づく政策立案(EBPM)」のため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン