香港の自治「維持困難」
米国務長官、中国に警告 全人代、安全法制定 今夕に採択

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】中国政府が香港の統制強化に向け制定を目指す「香港国家安全法」を巡り、ポンペオ米国務長官は27日、「もはや香港が『高度な自治』を維持できるとは誰も主張できない」との声明を発表した。香港に経済的な特別扱いを認めてきた優遇措置は「続けるのに値しない」との認識も示し、中国に重ねて警告した。こうした考えを同日、米議会に報告した。

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]