/

この記事は会員限定です

アバンティ会長 渡邊智恵子さん

地球と人に優しい服(4)

[有料会員限定]
  1990年、オーガニックコットン(有機栽培綿)事業に乗り出す。最初は壁となった日米のビジネスや文化の違いを、強みに変えていった。

知人の紹介で知った米国のオーガニックコットン。農場を訪れると、農家の方は「土地は神様からの預かりもの。きれいなままで返さないと」と言い、土を口に含んで状態を判断しています。収穫も手摘み。機械で収穫するため落葉剤で一斉に葉を枯らす通常の綿栽培とは、環境や健康に与える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン