/

この記事は会員限定です

ロシア経済急収縮 成長率、今年マイナス10%予測

ソ連崩壊後並み打撃、失業率7%へ悪化も

[有料会員限定]

ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアの経済が急激な収縮に直面している。米欧日の経済制裁や外資の撤退で企業活動は混乱し、雇用環境も悪化する。欧州復興開発銀行(EBRD)は2022年の国内総生産(GDP)成長率がマイナス10%に陥ると予測する。経済収縮の進行は侵攻作戦や停戦協議を巡るロシア側の判断に影響を与える可能性もある。

EBRDはロシアの22年の成長率予測を従来の3%増から10%減へと大幅に下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン