容疑者完治前、異例の取り調べ 京アニ放火
動機解明、課題多く 「京アニに恨み」供述も

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で2019年7月に起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、無職の青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を殺人容疑などで逮捕した。府警は重いやけどを負った容疑者の容体が安定していると判断したが、完治前でほぼ寝たきり状態での逮捕や捜査の手続きは異例だ。専門家は「取り調べの時間も限られ、供述の任意性の確保など課題が多い」と指摘する。

「本人の容体が回復しており…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]