ファーウェイ、米規制に対抗
半導体 調達の代替策探る 中国勢、日本企業にも触手

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

訂正> 5月28日付国際・アジアBiz面「ファーウェイ、米規制に対抗 半導体、迂回調達探る」の記事中、見出しの「迂回調達探る」は「調達の代替策探る」、記事の「メディアテックを通じてTSMC製の半導体を調達」は「外部からの汎用品の購入を拡大」、図の「設計し生産を依頼」は「設計した汎用品の生産を依頼」、「メディアテックを経由することで規制を外れる可能性がある」は「汎用品の外部購入を拡大」でした。(2020/6/15 23:42)

【広州=川上尚志、東京=龍元秀明】中国の華為技術(ファーウェイ)が米政府による輸出規制の強化への対抗策を模索している。半導体の主な生産委託先である台湾積体電路製造(TSMC)との直接取引が難しくなるため、台湾半導体設計・開発大手の聯発科技(メディアテック)など外部から汎用品の購入を拡大する。中国勢は規制の衝撃を緩和しようと、日本企業にも接触するが、米国は規制をさらに強化する可能性もある。

ファー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]