農林中金、ローン担保証券「減損には遠く」

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

農林中央金庫の奥和登理事長は27日の記者会見で、低格付けの企業向け融資を束ねたローン担保証券(CLO)について「減損(損失の計上)までの距離は相当遠い」と強調した。ただし新型コロナウイルスの感染拡大を受け投資環境が不透明になるなか、リスク管理に重きを置き、新規投資は抑える方針だ。

奥理事長は「(計算上は)米国の投資先企業の半分程度が倒産しなければ、当金庫保有分の価値は毀損しない」と述べた。価値毀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]