/

この記事は会員限定です

公立高、再開後も授業に制約 分散登校やクラス分割

本社調査、課程終了「見通せず」7府県

[有料会員限定]

緊急事態宣言解除で公立高校が再開しても、当面は元通りのペースの授業は困難とみている都道府県教育委員会が7割超に上ることが、日本経済新聞の調査で分かった。夏休みの短縮で授業不足を穴埋めするなどして、36道府県が「年間の学習課程は終えられる」としているが、実際には消化しきれない自治体も出てきそうだ。(関連記事総合2面に

政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかったとして緊急事態宣言を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン