グローバルウオッチマスク姿 奇妙から習慣に
米国

2020/5/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

マスクに対する米国人の意識が急激に変わった。行政当局は、新型コロナウイルス感染予防のために人との距離をとる「ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)」の柱としてマスク着用を促す。「アジア人が顔を隠す不思議な布」という印象を持たれていたマスクは、わずか2カ月間で「自分と他人の命を守る必携品」と受け止められるようになってきた。

長引く外出制限に飽き、天気のよい週末には多くの人でにぎわうニューヨーク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]