JR北海道副社長に綿貫氏 構造改革へ若返り

2020/5/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

JR北海道が6月18日の定時株主総会に諮る役員候補を発表した。綿貫泰之常務(58)が副社長に昇格する。綿貫氏と同じく国鉄―JR北海道という生え抜きの小山俊幸副社長(63)は退任し、子会社の北海道キヨスク(札幌市)社長に就く。国鉄入社で小山氏の4年後輩にあたる綿貫氏にバトンを渡し若返りを進める。

綿貫常務は北大経済学部を卒業した1985年(昭60年)に国鉄入社。民営化のタイミングでJR北海道に入っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]