/

この記事は会員限定です

コロナ下進む選別 DX・医療・巣ごもり

日経平均2カ月半ぶり2万1000円回復

[有料会員限定]

緊急事態宣言の全面解除に伴う経済活動の再開を機に、日本株に再びマネーが向かっている。26日の東京株式市場で日経平均株価は前日比で500円を超える上げ幅となり、3月5日以来約2カ月半ぶりに終値で2万1000円台を回復した。デジタル化の加速などコロナがもたらす社会の変化が追い風となる企業が上昇をけん引している。経済の回復が鈍い中では全体の底上げよりも、「新常態」を見据えた選別が強まりそうだ。

26日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン